女性のためのひげ対策

女性ホルモンの乱れが濃い髭を招く

女性に髭が生えてしまう原因として、最も多いケースは
やはり女性ホルモンの乱れによる、体の機能の乱れです。

 

男性ホルモンが、優位になる状況が作られることで
髭が増えてしまうということは、理解される方も多いと思います。

 

この女性ホルモンが乱れる要因としては
まずは、「加齢による絶対量の低下」が考えられますが
これは誰にでも訪れる、避けることができないものになります。

 

「中年になると髭が濃くなる」「ファンデーションが浮いて見える」というのは
決して迷信・幻ではなく、<なるべくしてなるもの>と言えます。

 

しかしながら、たとえ若い女性であっても
「ストレスによる自律神経の乱れ」によって
女性ホルモンが乱れることは、珍しいことではありません。

 

 

「ストレス」で髭が濃くなる?

 

自律神経というのは、体のあらゆる機能をコントロールしていると同時に
性ホルモンの分泌に対しても、非常に大きな影響を与えるものとなります。

 

また女性ホルモンの乱れは、自律神経の乱れにもつながる
補完関係を持った、女性にとっては特に重要な要素と言えます。

 

そしてこの自律神経乱す、最も大きな要素が「ストレス」なのです。

 

ストレスは、「生理不順」や「排卵障害」
最悪の場合には、<生理が止まる>といった
女性としての機能・サイクルを乱してしまうことからもわかるように
女性ホルモンの環境を、破壊してしまうことにつながる要素と言えます。

 

その悪影響の1つとして、「髭が濃くなる」ということは十分に考えられる現象です。

 

40代以降の「更年期障害」の方というのは、あらゆる角度から
女性ホルモンが乱れており、現に顔全体の産毛が濃くなることも顕著です。

 

間接的な要因にも

 

この、<顔全体の産毛>というポイントも重要であり
問題は、髭・鼻の下だけではありません。

 

体毛というのは体全体に生えているものであり
一般的には産毛」として存在する部分の毛に関しても
女性ホルモンの減少によって、濃く・多くなることが想定されいます。

 

女性ホルモンは、肌を美しく保つという働きもあり
その機能によるハリ・ツヤ・うるおいといったものが
外部的な刺激から、肌を守る働きがあります。

 

女性ホルモンの減少によって、この働きが低下するということは
肌が刺激を受けやすい状況が作られるということであり
刺激を受けやすい部分というのは、
その部分を守るための体毛が濃くなる傾向があります。

 

外部から取り入れることができるメリット

 

女性ホルモンの環境を、根本的に改善するためには
生活習慣・食生活を中心としたアプローチが重要になります。

 

しかしながら、髭に関するトラブルに対しては
「ノイス」に含まれる女性ホルモン成分による
直接的なケアが有効であり、非常に効果が高いと考えられます。

 

そういった角度からも、「NOISU(ノイス)」は非常に有効なクリームと言えるのです。

 

>>「NOISU(ノイス)」の公式ホームページはこちら

 
トップ 口コミ