女性のためのひげ対策

刺激が肌トラブルを招く

女性にも関わらず、ひげ・産毛が濃くなってしまう理由としては
やはり女性の中にも存在する「男性ホルモン」の影響が挙げられますが
もう1つの理由として、「外部的な刺激」によるものも無視できません。

 

そもそも体毛とは、外部の刺激から素肌を守るために存在するものであり
刺激が多いほどに、濃くなる傾向があるとも考えられます。

 

「手の甲」といった、いつもこすっている部分だけ
周りに比べて、少し濃くなっていることは珍しくなく
体質といったこと以外にも、体毛を濃くしてしまう要素は存在するのです。

 

そしてこの刺激というのは、体毛だけでなく「シミ」といった
色素を増やす要因となるものであり、「NOISU(ノイス)」を利用することで
肌をケアすることは、シミ対策としても有意義なものなのです。

 

 

「紫外線」だけではない肌への刺激

 

シミ(そばかす)の原因と言えば、まず挙げられるものが「紫外線」であり
芽には見えないものの、色素沈着の要因となる最も大きな存在に違いありません。

 

紫外線を受けることによって、肌中に「活性酸素」が発生し
それを鎮めるための、「メラニン」が分泌されることになります。

 

そしてこのメラニンとは、活性酸素を除去した後に色が付くものになります。

 

紫外線の除去をした後のメラニンは、役割を終え
「新陳代謝(ターンオーバー)」によって、体の外に排出されますが
この新陳代謝が、十分に行われなかった場合
肌中に残ってしまい、シミ・そばかすとして存在します。

 

この紫外線からの刺激を防ぐためのアイテムとして
各種美白クリーム・UVケアクリームが存在することになりますが
肌への刺激というのは、紫外線だけではありません。

 

衣服による「摩擦」や、「乾燥」に関しても十分なリスク要因となるのです。

 

これらこそが、体毛に関する「濃くなる要因」と言えるのです。

 

そして、最も大きな刺激の1つとして<カミソリ>による刺激が挙げられます。

 

カミソリによる処理の際の注意点

 

「顔の産毛」への大きなリスクとなる「乾燥」

 

冬場こそ顕著な例と言えますが、お風呂上りや
夏場のエアコンに関しても、乾燥を招く要因です。

 

そして、顔というのは常に露出しているパーツでもあり
最も乾燥による悪影響を受けてしまうパーツと言えます。

 

そのため、そもそもの乾燥を防ぐことが
肌への刺激を軽減する、有効なアプローチの1つであり
また「水分の多い肌」というのは、刺激を受けにくい肌でもあるのです。

 

「NOISU(ノイス)」は保湿クリームとしての働きも

 

当サイトでおすすめしている「「NOISU」は
「抑毛」のための、女性ホルモン成分に加えて
各種美容成分も、豊富に配合されています。

 

そしてその成分の中には、「保湿成分」も含まれており
産毛を薄くしていくと同時に、<濃くならないようにする>ためにも有効と言えるのです。

 

日々のスキンケアに利用するアイテムの1つとして
非常に存在感の大きな、欠かせないものとなるはずです。

 

>>「NOISU(ノイス)」の公式ホームページはこちら

 
トップ 口コミ