女性のためのひげ対策

髭の成長を促してしまう要素

女性に髭が生えてしまう、その根本的な要因となるものとしては
女性ホルモンの乱れによる、「男性ホルモン」の優位性の上昇ですが
それ以外にも、髭が濃くなってしまう要因は存在するようです。

 

それらは、結果的に男性ホルモンの優位性につながるもの
男性ホルモンとは、関係のないものと様々なものが存在しますが
日常の中に潜んでいる、警戒すべき・避けるべき要素には違いありません。

 

ここでは、その中でも特に注意すべき顕著なもの
また日常的なリスクの高いものを紹介していきます。

 

 

<男性ホルモンの強化>につながってしまう要因

 

髭といった、「男性の象徴・特徴」と言えるものが
目立ってしまう理由としては<女性ホルモンが弱る要素>ではなく
男性ホルモンの力が、強化されてしまうケースも想定することができます。

 

例えば、「筋力増強剤」として有名な「ステロイド」に関して
女性が使用した場合には<筋力の増大>以外にも
髭はもちろん、体毛が濃くなることが分かっています。

 

筋力とは、男性の方が基本的に多い・つきやすいものであり
より「男性に近づける」という効果からも、十分に想定できることと言えます。

 

また単なる「筋トレ」だけでも、極端な無酸素運動というのは
男性に近づける行為でもあるため、髭が濃くなる場合もあるそうです。

 

これは、いわゆる「オス化現象」と呼ばれることもあります。

 

食生活による髭の顕著化

 

食生活による肉体の変化は、最も身近なものと言えます。

 

そしてこその食生活こそ、男性ホルモンに関わるものを含め
<体のパーツとしての体毛>に、大きな影響を与えるものになります。

 

特に、現代の欧米化された食生活においては
「魚」に比べて、圧倒的に「肉」を食べることが多いと言え
この「肉食」とは、男性ホルモンの強化に加えて
「皮脂」を増やすことで、毛穴を広げることにつながってしまうため
太く・元気な髭が、生えやすい状況に近づいてしまうことになります。

 

また「ネギ類」に関しても、一時的に男性ホルモンを刺激するため
筋トレに近い<確実ではないが髭につながる>要素を秘めた食材と言えます。

 

意外と危険度の高いマスク

 

化粧を整えていない時等は、「マスク」をしている女性は多いと思います。

 

このマスクは、意外なカタチで髭のリスクを増やしてしまうものであり
本来であれば、<実はおすすめできない>要素と言えるのです。

 

というのも、髭(体毛)が濃くなる理由として
患部がダメージ(刺激)を受けた際に、より刺激に強いものにするために
<体毛を強化する>という、体の反応が起きることがあります。

 

よくよく考えてみると、口元というのはカミソリを当てない限りは
実際には<それほど刺激を受けない>部分であると言えます。

 

しかしながら、マスクをすることで「摩擦」という
「刺激リスク」が増えることとなり、結果的に髭が濃くなりやすい
上記の「筋トレ」「肉食」に加えて、最もリスクの高いものと言えます。

 

>>「NOISU(ノイス)」の公式ホームページはこちら

 
トップ 口コミ