女性のためのひげ対策

最も合理的なムダ毛の処理方法

「肌の表面はツルツルであることに越したことは無い」

 

美しい肌・体を作ろうと努力している人は、そう思っていることと思います。

 

当サイトでは、主に「顔面」のムダ毛に関する処理方法を紹介していますが
人間はあらゆる部分に体毛が生えており、中にはとても濃くて悩んでいる人も多いはずです。

 

一般的には、腕毛・すね毛に悩む方が多いようですが
これらのパーツだけでなく、様々な部分のムダ毛に悩んでいる人も多いと思います。

 

人によって場所(パーツ)は違うため
その場所に適した処理を施す必要があります。

 

ムダ毛に悩み勝ちなパーツを、大まかに分けた際には
主に

  • 脇の下
  • デリケートゾーン

 

以上の5ヶ所に分けることができると思います。

 

そしてこれらのパーツには、それぞれの適切な処理方法があります。

 

 

共通していることは<優しく>処理すべきということ

 

女性は男性に比べて、ひげも少なく(産毛はある)
また、眉や頬の毛も細くて少ない傾向がありますが
中には周りの女性に比べて、濃くて悩んでいる人も多いと思います。

 

この顔面のムダ毛処理に利用するアイテムとして、
当サイトで紹介している、「ノイスNOISU」はぜひおすすめのになりますが
<とどめ>となる、また早急に処理したい場合に利用する
「カミソリ」を使った処理のアドバイスとして

  • 頻繁にやらない
  • 思い切りやらない

 

という2点です。

 

これらは常識的なことですが、その理由として
頻繁に処理するほど体毛は<濃く>なり
「処理する必要が無い毛」まで、処理することはおすめできません。

 

最低限の、本当にムダな毛のみを
「切れ味がさびていないカミソリで剃る」
もしくは、何本かであれば「抜く」ことをおすすめします。

 

カミソリによるケアは、あくまで最小限が望ましく
そうするためにも、「ノイス」は非常に心強いアイテムなのです。

 

「体の毛」はどうするべき?

 

「腕」や「足の毛」に関しては
普段から人に見られることの多い部分のため
女性が最も気になる部分でと思われます。

 

また「男性並み」に濃い女性が、比較的多いパーツでもあります。

 

これらのパーツを、初めて処理した思春期の時は
おそらく、カミソリでの処理だったと思いますが

  • 頻繁に処理しなくてはならないこと
  • 生え始めがちくちくすること
  • 処理を重ねることによって「濃く」なりがちなこと

 

これらの理由で「T字カミソリの限界」に
気付いている人も多いと思います。

 

顔の毛に比べ、「強い」ためです。

 

この部分は剃ることよりも、脱毛や除毛をおススメします。

 

パーツ自体も、<それに耐えることができる>という特徴があります。

 

手軽であり、結果的に剃った場合よりも
肌へのダメージは少なく、「濃くなりにくい」ことも挙げられます。

 

デリケートな部分はどうするべき?

 

脇の下のムダ毛は、見られる際に一番恥ずかしい部分と思われます。

 

ほとんどの女性がこの部分は
「カミソリ」による処理をしていると思いますが
カミソリよりも脱毛、脱毛よりも除毛をおススメします。

 

カミソリと除毛は肌へのダメージも大きく、黒ずみが沈着しがちです。

 

普段あまり人に見られる部分でなく
デリケート部分の毛は「濃さ」も、「範囲」も非常に個人差がありますが
「他人の生え方」に関して、あまり知らない部分だと思います。

 

ちなみに、男女共に80%の人が
「お尻の穴」まで毛が到達しているという事実もあります、、、

 

この部分の処理に関しては

  • 水着を着るときに見えてしまいそうな部分だけ剃る
  • 全て脱毛してしまう

 

以上の2つがおすすめです。

 

2つ目の「ツルツル」にしてしまうことには、抵抗がある人も多いと思いますが
「生えっぱなし」にしているのはアジア人だけで、欧米では当然のこととされており
日本でも「ブラジリアンワックス」などで、処理をすることは珍しいことでは無くなっています。

 

ムダ毛は剃ると濃くなるの?

 

「剃ると濃くなる」ということを、耳にしたことがある女性は多いと思います。

 

そして、それは半分は事実と言えます。

 

剃ることによって、毛の断面が太くなるためであり
産毛だった毛も、「普通の毛」になってしまい
その繰り返しによって、「太い毛」になってしまうと考えられます。

 

また、脱毛・除毛に関しても肌へのダメージに個人差があるものであり
毛穴が「赤いポツポツ」と化してしまうリスクも大きいと言えます。

 

より弱いパーツである顔のケアには、ぜひ抑毛クリームを利用し
弱い毛にしてから処理することで、こういった濃くなるリスクを減らすことができるのです。

 

>>「NOISU(ノイス)」の公式ホームページはこちら

 
トップ 口コミ