女性のためのひげ対策

髭を薄くするために基礎的な女性ホルモン量を増加させる

女性の体が持つ、「女性ならではの魅力」としては

  • 髪の質
  • 肌の質
  • 肉の弾力
  • 保湿力

 

様々なものがあり、それらの劣化によって
「白髪」が増えたり「シワ」や「たるみ」が発生したりと
各パーツごとに、独特の変化が起こります。

 

バストの「垂れ」も、張りを失った皮膚・肉の影響です。

 

女性が最も恐れている<肉体の劣化>は
20代の後半から、すでに始まっています。

 

「肌」や「髪」に関して、最も綺麗な時期は10代ですが
思春期を終え、大人の女性として「成熟する」時期は
「20代前半」だと言われており、いわゆる「ピーク」という時期です。

 

そしてその劣化の鍵を握っているものこそ、「女性ホルモン」であり
その優位性が低下することで、髭の増加につながる要素です。

 

男性も、加齢によって「男性ホルモン」のバランスが
崩れることにより「薄毛」や「男性機能」の低下が現れます。

 

しかし、女性は女性ホルモンの劣化で「薄毛」だけでなく
あらゆるパーツに影響が及び、見た目に関しては
加齢によって受ける影響が、男性よりも多い傾向はずです。

 

「髭が生えやすくなる」というのも、女性ホルモンの減少による悪影響の1つと言えます。

 

 

「女性の全て」を司る女性ホルモン

 

女性にとっての「女性ホルモン」とは
女性の全てを司る要素と言っても過言ではありません。

 

特に見た目「美」への影響は非常に大きく
髪や肌の質から、バストの発達といったことにも大きく関係しています。

 

また「美」だけでなく「健康」に対する影響も大きく
不足する・バランスが崩れることによる悪影響は、非常に大きなものになります。

 

女性ホルモンの乱れによって、生理にトラブルがおき
「不妊」等のリスク要素も、増えることになります。

 

そういった「美」以外の要素を改善するためにも
「女性ホルモンが足りなくなってるかな?」と思ったら
外側からの「チャージ」も1つの有効な方法になります。

 

女性ホルモンを増やすための食材

 

女性ホルモンに関わる栄養素として、
「大豆イソフラボン」という成分を、聞いた事がある人も多いと思います。

 

これは、大豆に含まれる女性ホルモンに変わる働き
似た働きをする成分であり「バストアップ」に
効果があるとして、以前流行した時期があります。

 

この大豆イソフラボンは、「植物性エストロゲン」
一種であり、女性ホルモンのの代わりをする成分として
注目され、様々なメディアに取り上げられました。

 

この大豆イソフラボンは、豆腐・納豆といった
大豆食品に豊富に含まれており、こういった食品を
摂取することで、バストが大きくなると
メディアで紹介されていた経緯があります。

 

より大きな力を持つ「プエラリア」

 

大豆イソフラボンを含め、植物性エストロゲンの中には
何種類か存在しますが、その中でも「プエラリア」という成分は
大豆イソフラボンの何倍もの<女性ホルモン効果>があるとして知られ、関連アイテムも多い存在です。

 

その中でも「バストアップサプリ」と呼ばれる、バストアップの悩みに対して
アプローチするサプリに多く含まれており、食事以外の手段で効率的に
植物性エストロゲンを摂取したい、という女性を中心に利用されています。

 

実際に、バストアップ「以外」の目的で
その他のパーツ・健康のために利用している
女性も多く、非常に有効な手段にもなります。

 
トップ 口コミ